女子アジア杯サッカーで中国に勝った勢いでオーストラリアにも勝ち強いなでしこジャパンの復活を期待したい

女子アジア杯の決勝リーグのなでしこジャパンと中国女子の試合を見て、これまでに見たこともないなでしこジャパンの選手たちの積極的な動きを見ることができました。
ここまでの試合では動きが今ひとつ相手より遅れてしまうことが多く、セカンドボールも相手に拾われてしまうことが多かったのです。
しかしこの中国戦は今までとはひと味違ったなでしこジャパンの試合を見せてくれました。
それは2011年のドイツで行われたワールドカップでアメリカを破って優勝した時を思わせるような積極的な試合運びを見せてくれたことです。
2011年の女子サッカーワールドカップ決勝戦では、あの強豪のアメリカと2対2で120分間を戦い、最終的にはPK戦を行い3対1で見事アメリカに勝ち優勝しました。
あの優勝した瞬間とその後行われた優勝セレモニーの感動は今でも忘れることはできません。
さすがにあの当時に出場した選手は、現在の日本代表には5人だけとなりました。
しかし当時の強かったなでしこジャパンの伝統は今も選手たちの中に生き続けているのです。
今回のなでしこジャパンの自信に満ちた試合運びで中国には3対1で見事な勝利をおさめて、いよいよオーストラリアとの決勝戦に臨みます。
ドイツ大会以後、後継者がなかなか育たなかった低迷期を乗り越え、今回こそオーストラリアに勝って強いなでしこジャパンの復活を世界に見せて欲しいものだと期待しています。ミュゼ 予約するコツ