虫歯になってしまったら…どんな治療方法があるの?

(虫歯になってしまった!、でも歯医者さんに勝手に治療されたりしないかな。高額な治療費になったら嫌だな)
治療内容に詳しくない方は、こんな心配を一度はしたことがあるのではないですか?
でも、虫歯の進行状態によって、治療内容に違いがあるんです。
虫歯にも種類があるんです。以下にあげるのが
虫歯の症状です。
C0…初期の虫歯のことです。エナメル質が溶け始め、白濁していたり、それが進行すると茶色?黒色に変色していきます。
主な治療内容は、フッ素塗布などで「再石灰化」を促し、歯を元の状態に戻していくことが可能な場合があります。

C1…黒い小さい穴が開いた状態です。
まだ痛みは無いです。この場合は、フッ素などでは治らないので、虫歯部分を削り、プラスチックレジンを詰めます。

C2…虫歯が象牙質まで進行してしまった状態です。痛みがあったり、しみたりします。
治療方法は、虫歯部分を削り、C1と同じようにプラスチックレジンを詰めたり、インレーという詰め物を施します。

C3…歯の神経まで虫歯が達してしまった状態です。神経に炎症が起き、当然痛みも強くなります。治療方法は、炎症を起こしてしまった神経を抜き(抜髄)、神経のあった場所に薬を詰めて炎症を鎮めます。
その後、虫歯部分を覆う、歯牙全体を覆う被せ物を施します。

C4…歯牙の部分が虫歯によって溶けて無くなり、歯根だけが残った状態です。
神経が死に、痛みも出なくなります。この場合の治療方法は、抜歯が必要です。
抜歯後は入れ歯、インプラント、ブリッジなど、適切な処置を施します。

以上が主な治療方法です。
詰め物でも多数の種類があり、保険が適用されるものや、自費治療のものもあります。
患者の希望により、選択肢も多くありますので、歯科医師とよく相談して希望に沿った物にしてください。アリシア 脱毛