八月も終わりに近づき、そろそろ夏休みの終わりを想って憂鬱になっている子供たちも多いことでしょう。
私が子供だった頃をふと思い出し、そういえばいつもこの時期は、たまりにたまった宿題と格闘していたなあ、などと思い出しおかしくなります。
しかし昨今、夏休みの終わりになると様々なメディアで「子供の自殺を防げ」といった論調の報道がされるようになり、近頃の学校はいったいどうなっているのかと思います。
私が子供のころにもいじめやそれを原因とする自殺など、陰惨なニュースはありましたが、それでも近頃のように頻繁に耳にすることはありませんでした。
しかし最近は、学校の始まるのを苦にして小学生や中学生が自殺したりする報道がよく聞かれるようになり、いったい子供たちの学ぶ環境はどうなっているのかと想像するのすら恐ろしくなります。
いじめを苦にした自殺をする生徒がいる一方で、学校側がいじめの事実を頑なに認めなかったり、また生徒が助けを求めているのに黙殺する教師もいるとよく聞きますが、とても教育にふさわしいとはいえない環境があるのだと思います。
学業よりも命の心配をしなければいけないのなら、それはもはや学校とは言えないのだから、そもそもいじめを苦にしている生徒は学校になど行かなくてもいいと思います。
夏の終わりに、これから始まる憂鬱な学生生活を気に病む学生諸君は多いと思いますが、学校だけが人生の全てではないという使い古された言葉を思い出し、他の可能性に目を向けて欲しいと思います。

もう絶対しないと思っていましたが、今朝二度目のリストカットをしてしまいました。
リストカットをしてしまった原因は自分の苦しみを母が理解してくれなかったからです。
母の友人に助けを求めたら電話をして来てくれました。
朝早い時間だったのにありがたかったです。
母よりも母の友人の方がすんなりと私の気持ちを理解してくれました。
首も吊ったのですが母が来てしまったので死ぬことは今回も出来ませんでした。
睡眠薬を多目に飲んでいたのでこのまま眠ることが出来ればちゃんと死ねるかなと思ったのですけどね。
その後は普通に寝たのですが全く落ち着きのない1日でした。
SNSでコメントをくれていた子がいましたが、コメントを返信する気持ちの余裕もないくらい疲れ果てていました。
見たい番組も流していただけでちゃんと見ている余裕が持てませんでした。
明日はいい日になればいいんですけどね。
医者によるとリスカはクセになりやすいとのことですが、またやってしまいそうで怖いです。なかきれい酵素 薬局